sign.png

神経・筋骨格のバランスを整え、自然治癒力を高め健康にしていきます。
首の問題・頭痛・腰痛・てんかん・リウマチ・膝痛

ページ症状.jpg

home.jpghome.jpgannai.jpgannai.jpgnews.jpgnews.jpgq&a.jpgq&a.jpglink.jpglink.jpgmail.jpgmail.jpg

HOME > さまざまな症状

カウンター

syouzyou.png

よくある症状について詳しく説明します。

肩こり

肩こりとは

aflo_sqwa029212.jpg肩こりも非常にありふれた症状です。一般的にコリが起きる筋肉と言うのは僧帽筋といいます。 僧帽筋といっても、上部、中部、下部に分けられ、それぞれで作用が違ってきますが肩こりを起こすのは上部の筋肉です。 この筋肉は肩を引き上げる作用があります。物を持ったりするときには常にこの筋肉が緊張しており、 それが長時間続くとこの筋肉がオーバー疲労を起こして肩こりとして感じるのです。 また肩こりがある人は首のこりも同時に起こりやすくなります。首がこるのは後ろ側ですが、 前側の首をつまんで触ると痛い場合が多いです。これらは頭痛や目の疲れ、耳鳴り、顎関節症なども引き起こす場合もあります。

体全体のバランス

image004.jpg 肩こりといっても肩の筋肉だけが悪いとは限りません。腰やお腹の筋肉のバランスが悪く不安定になると肩にも影響を及ぼします。 さらにデスクワークなどで悪い姿勢をしていたり、テレビを見るときに横になって片方の手で首を支えてみたりするとバランスを崩してしまいます。
 肩こりの筋肉は物を持ち上げるときに使いますが、逆に腕を下にさげるときの動作は重力が働くのでほとんど力は使いません。
 整形外科に行ってレントゲンを撮っても普通の肩こりは、異常は見つかりません。 筋肉の緊張がレントゲンでわかるはずがありません。そこで暖めるか、シップを出されて終わりです。
 また、普段人は首を前に倒す動きがほとんどです。そうすると首の後ろが緊張して引っ張られます。 すると首の前側の筋肉も緊張するのです。首の前側が普段痛む人はいませんが、もんでみると結構痛いと思います。
 結局首や肩のこりも前後、上下、左右の筋肉のアンバランスで起こることがほとんどです。

予防の運動

DF068.JPG全身をバランスよく鍛えることが重要ですが、特に胸から上の筋肉を鍛えることが望ましいでしょう。 腕を上から下に引き下げる運動、肩を上下に動かす運動、腕立て伏せなどです。 肩こりの患者さんは胸の筋肉の外側に痛みがあることが多いので、僧帽筋のストレッチはもちろんですが、 胸のストレッチもしっかりと行うほうが良いでしょう。

腰痛

腰痛とは

aflo_sqwa036085.jpg腰痛は生涯のうちで約80%の人がかかると言われているほどありふれた症状です。 腰痛と言っても筋肉の問題のものもあれば内臓からのものあり原因はさまざまです。 簡単な見分け方としては、じっとしていれば痛みはなく、体を動かすと痛みが出るものは筋肉の問題が考えられます。 動かしてもじっとしていても痛みがある場合は内臓からきている可能性が高いです。 しかしちょっとでもおかしいなと感じた場合、西洋医学は画像診断などの検査には優れているので 病院に行って詳しい検査をすることをお勧めします。

整形外科では治せない

病院は骨折などの所見がなければ「異常はないですね」と言われて、シップをもらって終わりです。
 また椎間板がつぶれている、骨が変形しているから痛いと言われて納得する人がいますが、 どうして痛くなるのか説明してくれる医者はほとんどいません。
 患者さんもそれで納得しないでください。 また坐骨神経痛ですねといわれても納得してはいけません。坐骨神経痛は症状であって病名ではありません。 なぜ坐骨神経痛になるのか説明してくれる医者もほとんどいません。
 椎間板ヘルニアだと言われても納得してはいけません。それが原因で腰痛が起こっていることはほとんどありません。 手術は成功したが症状はそのままということはしばしばあります。 椎間板が出ている人でも症状のない人はたくさんいますし、椎間板が出ていなくても症状のある人はたくさんいます。 そのへんを西洋医学では説明をしてくれません。だから一般的な腰痛は整形外科では治せないと思っていたほうがいいでしょう。 ただどうしても痛みがひどくて動けないなどの症状があり、 痛み止めで痛みを抑えることが必要なときや尿がでなくなったりするなどの症状があれば病院に行くことも必要です。
 もちろん中には整形外科でよくなった人もいると思いますが、それは行かなくても治っていた可能性が高いです。 治したのか、治ったのかでまったく違います。

腰痛の原因

・これは腰痛に限ったことではないですが、筋肉の問題と言うのはほとんどがアンバランスから起こります。 もちろんストレスやアレルギーも関係していることはあります。 よく腰痛の原因として言われているのが、人間が二足歩行になった、4足歩行の動物には腰痛はいないという説です。 4足歩行の動物に腰痛がないと言い切れるのかが不思議です。仮に腰の痛い動物がいたとしても、腰が痛いと言うはずはありません。
・筋肉は、前後・左右、上下のバランスが重要になってきます。 腰痛で大切なのはお腹側の筋肉と背中下側(腰部)の筋肉のバランスです。 テントを例にとると、テントを張るとき左右からロープを張ります。 そのとき両方の引っ張る力が同じなのでしっかりと立ちますが、 これが左右どちらかを強く引っ張るとテントは倒れてしまいます。 それと同じことが人間の体でも起きるのです。
・普段人間は生活しているうえで前にかがむ作業は頻繁にしますが、体を後ろにそらす作業と言うものはまずしません。 ということは腰部の筋肉は常に使っている状態になり引っ張ろうとする力が働きます。 腰部の筋肉だけが引っ張ろうとすると人間は倒れてしまいますが、実際には倒れません。 それは倒れないようにお腹側の筋肉が引っ張ってバランスを取ろうとするからです。 腹筋は腰部の筋肉に比べて弱い人がほとんどです。それが過度に緊張を起こすことにより痛めて腰痛になるのです。 腰が痛いと言う人はまずはお腹を押してみたください。痛いところが見つかると思います。 痛みがあったらよく腸が悪いと思う方がいますが、ほとんどは筋肉の痛みなので心配はいりません。
・腹部の筋肉はどれも重要ですが、もっとも重要だと思われるのが腸骨筋・大腰筋といわれる筋肉です。 腸骨筋と大腰筋は合わせて腸腰筋といわれることがほとんどですが、 臨床的には痛みの場所が違うことがあるので分けて考えたほうが理解しやすいと思います。
 体の表面から見える筋肉は腹直筋といって一般的にいわれる腹筋です。 その下に内臓があり、さらに下にあるのが腸骨筋と大腰筋なのです。中心に近いのが大腰筋で外側にあるのが腸骨筋です。 なので腰の中心に痛みがある人は大腰筋、骨盤の外側に痛みがある人は腸骨筋を痛めている可能性が高いです。
 太ももの内側の筋肉が弱くても腹部の筋肉に影響を与えることがあります。 また腹部の筋肉が緊張すると内臓にも悪影響を与え、生理痛、便秘などの症状を引き起こすこともあります。

予防の運動

仰向けに寝て起き上がる腹筋運動がありますが、これはおへそより上の腹筋を鍛えるのに効果的です。 おへそより下の筋肉を鍛える場合は仰向けに寝て足を上げるのが効果的です。 これらの運動はあくまでも表面の腹直筋の運動ですので、奥にある腸骨筋・大腰筋には別の運動が必要です。 その運動は立ったままで膝を高く挙げる、仰向けで寝て自転車をこぐ動作をする、空手の蹴りをするなどがあります。
 しかしこれらの運動も痛みがありおかしいなと感じたら行わないでください、さらに悪くなる可能性があります。 筋肉は運動した後には伸ばしてやる必要があります。鍛えた後のストレッチは必ず行ってください。 ストレッチは毎日でもかまいませんが、鍛える運動は強度にもよりますが、毎日は行わないほうが良いでしょう。
 当院の院長は運動のスペシャリストですので、ほかにないストレッチなども研究して行っていますので安心です。

頭痛

頭痛とは

頭痛になったことはない人はいても、頭痛という言葉を知らない人はまずいません。 それほど頭痛というのは世間に知れ渡っています。しかし、頭痛になったら「何科に行けばいいのか」、 「頭の中に何か異常があるのかな」と不安も多いと思います。頭痛で一番大切なことは、命にかかわるか、 かかわらないかの判断なのです。

命にかかわる頭痛

命にかかわる頭痛として、脳内出血やくも膜下出血、脳腫瘍があります。
特徴として
1、突然激しい頭痛が起きる。
2、今まで経験した事のない頭痛。
3、目が見えにくくなったり、手足が動かしにくくなる。
4、朝や夜中に頭痛で目が覚める。
5、頭痛のほかに、めまいやはきけが起きる。
などがあります。これらの症状があれば脳外科に行く事をお勧めします。

命にかかわらない頭痛

頭痛で病院を訪れるひとのほとんど(約99%)はこちらに属します。 最も多いのが筋肉の緊張による頭痛です。一番なじみのある片頭痛はそのうちの1割ぐらいです。 筋肉の緊張性の頭痛でも片頭痛と思っている人は多いですが、大きな違いがあります。 片頭痛の多くは頭の左右どちらかにおこり、血液の流れが活発になり起こるので脈を打ついたみがあります。 またお風呂にはいったり、お酒を飲んだりすると悪化するのが特徴です。
筋肉の緊張性頭痛は、締め付けられるような痛みで、後頭部や前頭部などに起こります。
1、デスクワークをしている人
2、肩こりがある人
3、腰痛がある人
4、眼が疲れやすい人
5、運動不足の人
6、ストレスのたまりやすい人
などが当てはまります。この頭痛は医者に行っても薬を処方されるだけで根本的な解決にはなりません。 しかも長年頭痛薬を飲み続けていることにより、薬が効かなくなったり、副作用により他の所が悪くなる可能性が高いです。
また筋肉の緊張性の頭痛は、単に肩や首の問題だけとは限りません。腰部や腹部の筋肉の問題で起こることもしばしばです。
これらの頭痛は病院に行っても根本的な解決にはなりません。カイロプラクティックでの治療をお勧めします。

スポーツ.jpg

aijyo.jpg

質の高いカイロプラクティックで根本的治療

GS198_350A.jpg

住 所
〒 751-0872
下関市秋根南町2-7-11
TEL/FAX
083-256-5332
営業時間
平 日:9:00~19:00
土日祝:9:00~16:00
定休日
毎週木曜日

ご予約・ご相談随時受付中!
お気軽にご連絡ください。