緊張性頭痛 片頭痛 群発性頭痛 めまい 耳鳴りなど

 くも膜下出血や脳腫瘍など命にかかわる頭痛は病院に行く必要があります。いつも頭痛がある人で、いつもと違う頭痛があれば病院に行ったほうがいいでしょう。また頭痛とともに、めまいと吐き気があるのも病院に行きましょう。

 くも膜下出血は突然に激しい頭痛が起きます。脳腫瘍による頭痛は、寝ているときに頭痛で目が覚める場合です。これは寝ると脳圧が高くなり痛みが出ます。起きると脳圧がさがり痛みがなくなります。起きてから頭痛が起きる場合は睡眠時無呼吸症の可能性があります。

 命にかかわらない頭痛、特に一番多い緊張性頭痛ですが、片頭痛などと混合する場合もあります。原因はストレスにより噛み締めて筋肉の緊張が起きて頭痛が起こります。特に寝ているときに噛み締めて顎や首周りの筋肉が緊張します。また日中に無意識に噛み締めていることもあります。

 顎の関節は耳のすぐそばにあります、耳鳴りやめまいがするのも、噛み締めることにより、耳への血流が低下して症状が起こると考えられます。
 特に重いものを持つ仕事の人や、筋トレをしている人は、噛み締めないように気をつけたほうがいいでしょう。