西洋医学では病気を治せない?

なぜ今医療は問題視されているのか

iryou.jpg一つには医療が大きな産業であるからです。産業としての医療は病人を作り出しています。元経団連会長の故土光敏夫さんが20年も前に「日本経済は無駄や不必要なものが多すぎる」と指摘されていますが、医療もまったく同じ状況であると思います。
今医療費は膨大に膨れ上がり、年間30兆円といわれています。さらに年々増えていくことが予想されます。
さらに西洋医学ではほとんど病気は治せないからです。しかし、西洋医学にも得意分野はあります。
救命救急、事故などの外傷、ホルモン補充療法(甲状腺や糖尿病)、奇形・未熟児、分娩、虫歯、結石などの異物除去、画像診断、移植、感染症(これは抗生物質の乱用により、MRSAやVREなどの耐性菌を生み出した問題がある)など西洋医学は威力を発揮します。
これら以外の慢性疾患に関して西洋医学は対症療法しかできていません。いいかえれば原因を見つける手段を知らないのです。対症療法は言い換えれば、火事で報知器がなっているのを、火を消さないで報知器のスイッチを切るようなものです。

透析患者を例に取ると、30年前と比べ患者数は約700倍と劇的に増えています。現在の治療・対症療法が効果をあげていないことを物語っています。患者数が増えているということは、今行われている治療がその病気を治すに至っていないということを示しています。

対症療法の玉突きや科学未発達への不安

kusuri.gif発熱には解熱剤、下痢には下痢止めなど、体が必要としているから発熱や下痢が起きているわけで、それを止めてしまう事は、治癒と反対のことをしている事になります。しかし、時と場合によっては対症療法が必要なこともあります。
 強い薬も病気を重くしました。特に癌は、癌自体の症状より、抗がん剤による副作用のほうがつらいと思います。膠原病の場合はステロイドが、この病気を複雑にしました。膠原病は交感神経緊張状態なので血圧が上がります。そうすると降圧剤を処方します。また脈が速いので不安になり、抗不安剤を投与されます。すると糖の代謝が促進されるので糖尿病になり、糖尿病の薬を処方されます。血流も悪いので関節が痛みます。すると鎮痛剤を処方します。こうして対症療法の玉突きの結果、たくさんの病気を抱え込んでいくことになります。
 また、画像診断が発達したために、問診や触診をおろそかにしているという問題もあります。特に筋骨格系の疾患では、触診が重要になってきます。西洋医学ではいまだに腰痛の原因もほとんどわかっていません。腰痛や膝痛は死には直結しませんし、地味な存在なので研究もあまりされていません。しかし原因があるから病気がおきているわけです。
西洋医学の医者は、科学で証明できないものを否定的に捉える傾向にありますが、科学で証明できないからと言って、否定をしていたら、科学の発達はありません。実際に病気の原因は科学で解明されていないものが多いです。だからといって病気がないと言うことにはなりません。ヒトの身体も解明できていない部分のほうが多いです。

「木をみて森をみない」西洋医学の現状

aflo_wcza017479.jpgまた、医学教育の中で、現代医学万能、化学薬品万能という固定観念を植え付けられてしまっているために、多くの医師は自分のおこなっている医療が一番正しいと信じて疑いません。さらに、医師には熾烈な受験戦争をくぐりぬけて医師になったというプライドがあります。このプライドが自分とは異なる見解を持つ人の言葉に耳を傾け、理解しようとすることを邪魔してしまいます。しかし、どんな分野の仕事をしている人でも、「自分が間違っているかもしれない」とか、「他にもっとよい方法があるかもしれない」とか、「相手の言うことの方が正しいかもしれない」という、他の考えに耳を傾ける寛容さと度量をもたなければ進歩はありません。
中国のことわざで、「上医は未病を治し、中医は病みかけているものを治し、下医はすでに病んでいるものを治す」とあります。これを当てはめると、西洋医学の医者はほとんどが下医になります。病気を治療するより、病気にならないようにすることのほうが大事です。

私は西洋医学を真っ向から否定するつもりはありません。ですが西洋医学の医者も、今の現実に目を向けることは重要です。ほとんどの慢性疾患に対して西洋医学は限界に来ていると思います。西洋医学は心と体を切り離してかんがえています。また、ミクロなものを追求しすぎて全体がみえていません。まさに「木をみて森をみない」です。心と体も切り離して考える事は出来ません。