どうしてアレルギーになるの?

7-075-01.jpgアレルギー物質と感情のストレスが絡んで、条件反射的にアレルギー症状を引き起こします。たとえば、卵を食べているときに親に叱られたとします。すると次に卵を食べると親から叱られた記憶がよみがえりアレルギー症状を引き起こすのです。

また、親からの遺伝が考えられます。妊娠中に母親にアレルギーがあったり、さまざまなストレスを受けると、胎児に影響します。子供に影響を与えないためには、妊娠中の治療が必要です。

薬を使わない特殊なアレルギー治療

CM027.JPG愛情カイロプラクティックでは特殊なアレルギー治療を行います。この治療法はあらゆる種類・強度のアレルギーを除去する、薬を使わない自然の治療法です。
西洋医学ではかなりの食事制限を強いられますが、これは治療したアレルゲンを25時間避けるだけで、後は自由に食べたりすることができるので、患者さんにとっても負担が少なくてすみます。

※身の回りにある、食物・化学品・病原菌・自然環境・寒さ・暑さ・湿気・乾燥・振動・などすべてのものがアレルギーになります。

愛情カイロプラクティックでは数百種類のアレルギーのサンプルがあり、それを用いて検査します。